人気ブログランキング |

LUX* North Male Atoll(ラックス・ノース・マレ・アトール)の水上ヴィラ@リビング編♪

夜9時10分にマレをスピード・ボートで出発し、10時20分にラックス・ノースに着いて
スタッフとヴィラホストに急かされるままカートに乗り、さくっと水上ヴィラに到着〜♪

*ヴィラホストのカートが早過ぎて写真がボヤけていたので、後日撮影したものですが
外壁のデザインもですが間接照明もいい感じでとても幻想的な外観になってますよねー。

e0387424_11280575.jpg

ヴィラホストがドアのロックの部分に自分の腕を近づけるので何かと思えば。。。
ヴィラホストの腕時計でドアのスマート・ロックの開閉が可能とは小生意気な(笑。
最先端もいいですが、停電とかバグったりしたら使い物にならないですよね(苦笑。


早速ヴィラの中へと入ってみると、、、まずはリビング・ルームです♪

e0387424_11281052.jpg天井が高くて広くて超いい感じです♪

e0387424_11281304.jpgこれでもかという感じで照明てんこ盛り。

リビング・ルームは海に向かって扇状になっているので、普通のデジカメでは
なかなか全部きっちり入れ込むことが出来ず、こんなに沢山になりました(笑。

e0387424_11281845.jpg

e0387424_11282225.jpgリビングのコーヒー・テーブルには
ウェルカム・ドリンクとフードが♪

お弁当とシャンパンとフルーツ・バスケットですねー。

e0387424_11282617.jpg

シャンパンはパイパー赤のハーフ・ボトルで、大きなクーラー内は氷が占めてます(笑。

e0387424_11282955.jpg

ハーフ・ボトルとはセコイというか、しょぼいよねえ、こういうので印象変わるのに。
そういえばミライドゥもテタンジェのハーフだったし、フラワリもハーフだったなあ。

シャンパンがしょぼい分、フルーツは種類豊富でほおずきまであるし頑張ってる〜!
と思ったのですが、フルーツはこれが最初で最後の配布で、追加は一切なし(苦笑。

はい、モルのリゾートでは最早定番の毎日補充してくれるフルーツがないんですよ(涙。

後日ちょっと小腹が空いた時にリンゴなどをつまんでみたのですが、やはり補充なし。
残念ながらどれだけ減っても補充される事なく、徐々に腐って枯れていくのみでした。

e0387424_11283366.jpg

その分、お弁当に拘ってるはず!と思いきや、大量のご飯に、焼いたチキン一切れに
野菜少々と、白身魚の巻き寿司にワサビにガリ、ってお醤油もドレッシングもなし(笑?

e0387424_11283613.jpg

ご飯と巻き寿司も変ですが、こんなショボい内容なら、出さない方がマシなレベル。
フラワリのラウンジで出された微妙なお弁当の方がマシって、先行き不安に(苦笑。

最初にどれだけ素敵なWow factorを用意してゲストのテンションを上げられるかで
リゾートの印象が良くなって、ゲストのご機嫌も良くなるくらいにすごく大事なのに。
初日ですが、どれだけハードが素敵でも肝心のホスピタリティと食事がこれでは(汗。


気を取り直して、、、リビング・ルームの玄関側にあるドアを開けてみると。。。

e0387424_11284043.jpg

ちょっと狭くてファインダーに入り切らないですが、素敵なレストルームです♪

e0387424_11284477.jpg

コンクリート素材の壁や床って、掃除も手入れも楽な上にモダンでいいですよね。
それとドアは常に閉めているのでエアコンは効いてませんが常に涼しかったです。
ただ既にヒビが入っていたり、一部汚れが目立ったので、長くは持たないかも?

e0387424_11284746.jpg

レストルーム側から玄関を見て。。。
玄関脇のコンソール・テーブルって、鍵やサングラスなんかが置けて便利ですよね。

e0387424_11285127.jpg

ビーチ・サンダルは硬くて重い素材で出来ていて、鼻緒の部分が痛くなる系ですが
裏にLux*が反転されたロゴが入っていて、砂の上で歩くとLux*の文字が現れます。

e0387424_11285572.jpg

その並びにはベッド・ルームへと繋がるドアがありますが、そちらは後日ご紹介。

e0387424_11285855.jpg

その更に右には、、、ミニ・バーらしきものがありますが、小さいので違うかな。

e0387424_11290287.jpg

と思いきや、本当にミニ・バーでビックリ、と横のペダル式ゴミ箱のセンス(汗。

e0387424_11290511.jpg

ミニ・バーは後日紹介するとして、ミニ・バーから玄関側を眺めて。。。

e0387424_11290906.jpg

つづく。。。

















# by Mrs-HKG5 | 2019-09-17 10:15 | 旅、バケーション | Comments(0)

マレの国際空港からボートでLUX* North Male Atoll(ラックス・ノース・マーレ・アトール)へ♪

香港を午後5時半過ぎに出て、約6時間後にマレに到着です♪

e0387424_17465106.jpg

香港とマレの時差は3時間で、夜8時半近くということは夜11時半なので眠い〜。
機内では皆寝てましたが、夜8時半に着くのに今寝たら夜眠れなくなる気がして。
いつも映画を観続けては、到着ギリギリに激しい睡魔に襲われる始末です(笑。


イミグレに近いゲートが空いてないからと、10分くらいそのまま待機。

今回もタラップを降りると、歩いて入国審査のあるビルへと向かいます。

e0387424_17465566.jpg

ほぼ一番乗りで、パスポートと機内で渡され記入済みの出入国カードを提出し
さくっとチェックが済み、スタンプをポンポン打って終わり、手荷物検査へ。

手荷物検査は少し並びますが、同じくさくっと済んで、バゲージクレームへ。

8時40分過ぎにバゲージクレーム着も、今回は珍しく9時まで荷物待ちでした。
スーツケースをカートに載せて、申告なしなのでそのまま出口へと向かいます。

出口の外に「LUX*」の小さなサインを掲げたスタッフを見つけたので手を振り
挨拶をした後は、すぐ近くにあるこちらのカウンターでチェックインをします。

リゾートへの移動はスピードボートで、1時間くらいかかる、とのことでした。

e0387424_17465906.jpg

空港スタッフがカートを運んでくれたので、歩いてボート乗り場へと移動です。

e0387424_17470370.jpg

突き当たりのボート乗り場に着くと、ボートは待機しておらず、しばしの待機。

e0387424_17470886.jpg

2分程でラックスのボートがやって来て、荷物を先に、後から乗り込みます。

e0387424_17471143.jpg

少し古いですが、4人がけが4席と、後部にはテーブルを囲むように8人がけの席と
広々としていますが、乗り込んだのはキャプテン含むスタッフ4名と我が家のみ。

e0387424_17471552.jpg

ライフ・ジャケットを着せてくれて、すぐに出発しました。

e0387424_17471936.jpg

冷たいおしぼりはなく、スプライトにレモングラスとバジルが入ったジュースが(汗。
普段ジュース類を飲まないので、やたらと甘くてお水が欲しくなり一口でギブアップ。

e0387424_17472216.jpg瓶についていたジュースで手はべたべたに。
冷たいおしぼりの方が嬉しいのになあ。。。
長旅の後だけに冷たいお水が飲みたいなあ。
ほぼ真夜中で眠くてしかも喉が渇いてる時に、水がない悲しさが分からない模様(汗。
リゾートのおもてなしの基準に対して、到着する前から一抹の不安がよぎりました。。。

昨日まで2週間ほど悪天候だったそうで、チョッピー(荒波)と聞いていた通り大揺れ。
少し仮眠が取りたかったのですが、揺れが激しく捕まっていないと怖いくらいでした。

70分程でリゾートに到着も、眠いのに眠れなくて、意外としんどいなあと思いました。
もしかしたらボートで当日入りより、マレで一泊し翌朝リゾート入りの方が楽かもねと。
あ、これはあくまでも我が家の基準で、年齢的にしんどくなって来たのかもですが(笑。


9時10分過ぎにマレのボート乗り場を出て、10時20分にラックスに到着しましたー。

ラックスの最初の印象は、ひゃー、眩しい〜〜〜!!!です(笑。

e0387424_17472565.jpg

一体どれくらい電気代が掛かっているのかと心配しちゃったくらいに照明が激しく
夜10時半=香港の1時半なので眠かったのに、眠気が一気に飛んでしまった程(笑。

e0387424_17472955.jpg

ジェッティに立つと「ようこそ」と言われ、すぐに冷たいおしぼりが手渡されたものの
おしぼりを広げる間もなく、間髪を容れずにパスポートを請求されて、あたふた(苦笑。

ジェッティにいたスタッフ4名は、マネージャー・クラスはおらず皆若くおぼこい男性。
特に会話も弾まないし、とても静かで、これまでで一番中途半端で寂しいお出迎えに。

過去の経験からですが、お出迎えの際にGMとマネージャー・クラスがいないリゾートは
滞在中に何かとトラブルや問題があったので、ここでもまたいやーな予感がしたり。。。

e0387424_17473384.jpg

ジェッティに上がるとすぐおしぼりが出て、受け取るとすぐパスポート出してと言われ
どうにかパスポート出して、おしぼりを広げようとしたら、カートに乗れと言われ(汗。

カートに乗りながら、渡された時と同じく丸まってるおしぼりを使おうか迷っていたら
今後は隣で返してと言わんばかりに待っていたので、広げる間もないままおしぼり返却。

最初は、早くヴィラで休ませてと上に言われていて、従ってるのかなとも思いましたが
矢継ぎ早のおもてなしの心が全くない行動を見る限り、単に教育されてないだけかもと。

ちゃんと流れと意味まで教えてマスターさせないと、こういう単なる流れ作業となって
逆にゲストは「急かされまくり」で、おもてなしを感じられない印象が強くなるかと。

以上、ボートで着いてからカートに乗るまで写真が一切撮れなかった理由でした(笑。


長旅の後故、冷たいおしぼりで手を拭いたり、冷たいお水が飲みたいなと思いつつも
希望は叶わずぬまま、担当ヴィラホストに急かされるまま、カートに乗り込むと。。。

「どうしますか?島内の施設を紹介しましょうか?要らないですか?」と訊かれて
えーと、疲れて眠いので今夜は明日の朝食のレストランだけどこか教えて欲しいのと
水上ヴィラに向かう途中から見える施設だけ簡単に紹介してくれますか?と言うと
「小さい島なので、大半の施設が水上ヴィラまでの途中に見えますよ」とのこと。

まずはジェッティの真正面にあるレセプションへと向かい。。。

e0387424_17473626.jpg

レセプションを右に曲がると、レセプション裏手にカフェがあり、お茶出来るそう。

e0387424_17474051.jpg

その反対側にあるのがメイン・レストランで、二階にはペルー料理のレストラン。
右手前に見える赤い電話ボックスみたいなのは、本当に電話ボックスなんだそう。

*ヴィラホストからの説明は一切なく、帰宅後にネットの口コミで知りましたが
各ゲストは無料で国際電話が掛けられるんだそうで、今現在はどうか知りません。

e0387424_17474779.jpg

メイン・レストランを右に曲がり進んで行くと、他の施設が色々あったのですが
カメラを構えても他のリゾートのスタッフみたいにスピードを落としてくれない為
どの写真も思いっきりぼやけてしまったので、説明も割愛させて頂きます(笑。

e0387424_17475133.jpg

水上ヴィラのあるジェッティはラックスには2本あるのですが、我が家が今回宿泊した
水上ヴィラのあるジェッティ入ってすぐのところのフィットネス・ジムがありました。

360度ガラス張りで海が見えるジムはいいですが、人から見られるのはやや微妙かも。

どこもかしこも眩しくて仕方ありませんが、眠くない時に見ると素敵なんですよ(笑。

e0387424_17481609.jpg

一見アミラフシっぽく見えるのですが。。。

e0387424_17482138.jpg

実際はアミラフシよりもデザイナーちっくで素敵でしたよー。

e0387424_17482534.jpg

つづく。。。












# by Mrs-HKG5 | 2019-09-16 12:30 | 旅、バケーション | Comments(0)

キャセイ・パシフィック航空の香港〜マレ便♪

e0387424_16525109.jpg搭乗時間となり、ゲートへ。。。

機内に乗り込むと、囲いがあるいつものビジネスクラスでしたー。

e0387424_16525949.jpg

e0387424_16530346.jpg

ブランケットは、かなり重いですが暖かくてオーバーサイズでいい感じ。

e0387424_16530772.jpg

e0387424_16531557.jpg

特に変化もなしかと思いきや、機内食のメニューが変わっていました。
あと、お水のボトルもエビアンに変わっていました(これは嬉しい。

e0387424_16531253.jpg

新メニューですが、香港のダロワイヨの店頭にある情報誌と作りが瓜二つ(笑。

e0387424_16531932.jpg

機内メニューとしては特大サイズになりましたが、フォント・サイズは変化なし。

e0387424_16532901.jpg

昨年後半に長期路線から順に始まった機内食の改良で随分マシになっていたのですが
ようやくモルディブ〜香港路線の機内食もチェンジされたようなので、かなり楽しみ。

e0387424_16534440.jpg
メニューの他に世界の人気店の紹介や有名シェフのお気に入りのレストラン紹介に
今夜のメニューの中から一品だけ、その料理の由来などが詳しく書いてありました。

こういうグルメ情報は今まで分厚い月間機内誌に掲載されてましたが、もしかしたら
今後は節約で分厚い機内誌は基本情報のみにして月一から年一発行に減らすのかしら。


出発の時間が近くなり周りを見ると、8割ほど埋まっている中、9割が中国人でした。

e0387424_16535235.jpg

e0387424_16535547.jpgまずはペリエとナッツ♪

前菜はサーモンとポテトのサラダでバターミルク・ドレッシングもなかなかでした。
旦那しゃんとおしゃべりしながら食べていたので、写真に撮るの忘れました(苦笑。

メインは、蒸し鶏のアワビソース、牛ヒレのステーキ、牛リブのフォーとパスタで
私は逆流性食道炎を患っていたので、一番消化の良さそうなパスタにしてみましたが
CAさんが「もしお口に合わない場合は仰って頂ければ他のと交換致します」そうで。

ベルペッパー(ピーマン)のソースとペコリーノ・チーズで見た目は、、、でしたが
食べてみたらば、、、これが意外と悪くなくて、良い意味で裏切られましたー(笑。

e0387424_16540160.jpg
ピリ辛だったので胃に良くないのでペッパーはパスしてパスタだけ食べたのですが
パスタ自体にオリーブオイルがまぶしてあって、ちょっとだけ感心しましたー(笑。
*以前は茹でたパスタそのままで、上からトマトソースどーん!でしたから(苦笑。

左端が見切れちゃっていますが、セットのサラダもちょっとマシになっていました。
パンは、ガーリック・トーストと丸いパンが2種と、以前と全く同じものでしたよ。

これは全部チェックせねば、というわけで、フルーツとデザートも頂きましたー。

e0387424_16540462.jpg

フルーツは期待を裏切らず、中央のメロンも左のピーチも薄味で硬かったです(笑。

マンゴー・プリンはマンゴー100%ジュースが原料かもですが、そう安くない風味。
少ない量と甘さ控えめがプラスになっていて、なかなか悪くないデザートでしたよ。

e0387424_16540894.jpg

夕方5時半くらいに香港を出発して、夜8時半くらいにマレに到着しましたー。



















# by Mrs-HKG5 | 2019-09-12 09:58 | 旅、バケーション | Comments(2)

香港のアメリカンなイタリアン@FRANKS(フランクス)♪

e0387424_10265996.jpgセントラルのフランクスへ♪
前のバーもたまに利用しましたが
超無愛想な店員で有名でした(笑。

e0387424_10270314.jpg一階はバーで、二階がレストラン。
一階でも軽く食事が楽しめますよ。

e0387424_10271154.jpg二階はアメリカン・イタリアンな
クラシックで落ち着いた感じです。

e0387424_10281110.jpgビールとミネラルウォーターで乾杯〜!

突き出しのミートボールは、レバーが入って濃厚な風味で美味しい〜♪

e0387424_10281465.jpg

パンはチーズがかかった軽い揚げパンで、これが意外と油の切れも良く美味しい〜。
シンプルなトマト・ソースと、ブラッターチーズかモツァレラチーズのディップ付き。
普段は料理を食べる為にパンを控えますが、美味しくてお代わりしちゃいましたー。

e0387424_10282477.jpg

Pizzeria Insalataは、シーザーサラダに似た感じで、お酒と合う濃厚なタイプです。

e0387424_10282962.jpg

スパイシー・ソーセージは、下にチーズやソースがいっぱいで食べ応えあり。

e0387424_10283368.jpg

ブラッターチーズは甘くてクリーミーで美味しい〜。
プラウンと表記してありましたが、エビ(甘エビ?)はほんの少しでした。

e0387424_10283877.jpg

かなり焦がしてある(焦がしちゃった?)ガーリック・トーストと一緒に。

e0387424_10284212.jpg

リングイネとクラムのパスタは、ガーリックが効いてなかなかです。

e0387424_10284686.jpg

オススメというパッパルデッレ・アラ・ウォッカは見たまんまの味でしたよー。
Carboneに似たパスタがあって、そっちの方がこっちより美味しかったですが
Carboneは超アメリカンなイタリアン故わざわざ行かなくてもいいかと(笑。

e0387424_10285185.jpg

同じアメリカン・イタリアンなら煩くなくてリーズナブルなフランクスをオススメ。

e0387424_10285617.jpgスタッフからのサービスのショット。
エスプレッソの強いカクテルなので
飲んでいませんが美味しかったそう。









# by Mrs-HKG5 | 2019-09-10 11:08 | 香港 | Comments(0)

香港国際空港のキャセイ・パシフィック航空のラウンジ♪

空港のチェックイン・カウンターで手続きしてから、荷物検査とイミグレを済ませて
エスカレーターで降りたところにあるシャトル・バス乗り場からラウンジへと移動♪

e0387424_16353027.jpg全然普通に歩ける距離なのですが
CXに無料チケットを貰ったので。

ゲートの近くにあるCXのファースト・クラス・ラウンジの奥にあるレストランに入り
まずは小籠包と、「常温で」とリクエストしたミネラル・ウォーターで乾杯〜(笑。

e0387424_16354188.jpg
どの料理も頼んでから3分も掛からず出てくるので多分作り置きしてあると思いますが
小籠包に限っては時間が経過すると皮がぶよぶよになってしまうので、ちょっと残念。

旦那しゃんはハンバーガーとフレンチフライのセットとワインで乾杯〜♪
バンズが半分しかないのではなくて、上のバンズは手に持っています(笑。

e0387424_16354530.jpg

旦那しゃんに「あれれ、小籠包だけなの?お腹空かない?」と聞かれたのですが
もちろん足りるわけなくて(笑)ワンタン麺もしっかり頼んでありましたー(笑。

e0387424_16354957.jpg

お腹が6、7分目くらいまで膨れたので、向かった先は。。。

e0387424_16355336.jpg

フィンガー・フードのコーナー(笑。

e0387424_16355717.jpg

食後のレモングラス・ティーと、おやつはどれにしようかなー。

e0387424_16360062.jpg

モルディブの空港のラウンジもこれくらいだったらいいのになあ。

e0387424_16360384.jpg

ワインは一応赤白ありますが、バーで色々なお酒のリクエスト出来ます。

e0387424_16360622.jpg

チーズとフルーツは機内食とほぼ同じ感じ。

e0387424_16361023.jpg

クッキー数枚とチーズに、手前の茶色いのはベーコンではなく硬いブレッド(笑。

e0387424_16361383.jpg

e0387424_16361743.jpg静かでリラックス出来るバー♪

広々とした空間と、じろじろと視線が交差しない座席の配置が好きです。

e0387424_16362129.jpg
















# by Mrs-HKG5 | 2019-09-09 11:30 | 旅、バケーション | Comments(0)

マレの国際空港のラウンジから、キャセイ航空のマレ〜香港路線♪

免税店エリアを奥へと進むと、左手突き当たりにあるのが、共同ラウンジ。
各エアラインのファースト&ビジネス・クラスのゲストが使えるそうです。

ないよりはマシですが、椅子が柔らかくて腰痛持ちには辛いんですよね(涙。
画像にも写っていますが、パソコンが数台置いてあり自由に使えるようです。

今時は皆スマホやアイパッドなので、使っているのはゲームする子供ばかり。

スマホ等でwi-fiが必要な場合は入口で二台まで使えるパスワードを貰い
それをいちいち打ち込まないといけないので、ちょっと面倒だったり。

e0387424_16391586.jpg

ラウンジも免税店と同じで、ここ2、3年変わっていないのですが、ご紹介。

サンドイッチや焼き菓子がありますが、サンドイッチは具が見えません(笑。
バターが高いのか、昔のビスケットみたいなかっちかちの粉系クッキーのみ。

e0387424_16392239.jpg

パンとトースターとジャムにマーガリンかな。。。

e0387424_16392508.jpg

右手のケーキはともかく、左側の焼き菓子の見事なまでの乾き具合(笑。

e0387424_16392901.jpg

チキンとマッシュルームのソテーしたものに、ジャスミン・ライス。。。

e0387424_16393279.jpg

アメリカの缶詰パスタにしか見えないのびのびのトマトソース・パスタと野菜。

e0387424_16393560.jpg

オレンジと青りんごの前になぜかサラダのドレッシング数種類。。。

e0387424_16393845.jpg

クラムチャウダーみたいなスープと、ぱっさぱさのパン類。。。

e0387424_16394219.jpg

フルーツジュースが数種類と大きなタンクの中身は紅茶用のお湯。。。

e0387424_16394558.jpg

e0387424_16394887.jpgこちらもデジャビュではなくて
いつも変わらない冷蔵庫と中身。

あ、チーズとトマトとオリーブのサラダ!失礼、これは新しいですねー(笑。

e0387424_16395226.jpg

カット野菜が数種類となぜかピーチの缶詰らしきもの。。。

e0387424_16395578.jpg

中でも一番人気だったのが、こちらのカップヌードルでしたよ(笑。

e0387424_16395816.jpg

搭乗時間のアナウンスが入り、ラウンジを出てまっすぐ進むと階段があります。

e0387424_16400277.jpg

階段を降りるとゲートがあるのですが、カフェが数軒オープンしてましたよ。

e0387424_16400598.jpg

沢山ある椅子はほぼ満席で、しばらくすると搭乗開始のアナウンスが。

e0387424_16400825.jpg

出口でパスポートとチケットをチェックの後は、飛行機まで歩いて向かいます。
タラップを上って機内へ入りますが、キャリーバッグの人たちは一苦労でした。

e0387424_16401125.jpg

こちらも、ここ1、2年全く変わらないシート(笑。

e0387424_16401534.jpg

機内では、今回珍しく食事をパスして、映画を観ながらウトウトしちゃったので
こちらが昨夏に訪れたヴァッカル・モルディブ旅行の一番最後の画像となります。

長い間、本当にながーい長い間(笑、お付き合いありがとうございましたー。

来週からは今夏に訪れたモルディブの新しいリゾート二軒の連載となりますので
引き続き宜しくお願い致しますねー(って、まだ写真のアップロードしてない、汗。
















# by Mrs-HKG5 | 2019-09-06 09:24 | 旅、バケーション | Comments(4)

ダラヴァンドゥ空港から国内線でマレの国際空港へ♪

ヴァッカルからスピードボートに乗り、20分程でダラヴァンドゥ空港に到着〜。

e0387424_16322849.jpg

ボート乗り場では、モルディビアン航空のバンが待機しています。

e0387424_16323190.jpg

ヴァッカルのロゴ、ちょっとモロッコちっくで好きなんです♪

e0387424_16323428.jpg

まず最初にゲストがバンに乗り、荷物が積まれ、最後にスタッフが乗り込みます。

e0387424_16323790.jpg

狭い小道を曲がったり、バンで1、2分も走ると。。。

e0387424_16324055.jpg

空港に到着しましたが、このスタッフはエアポート・バッジがなくて中には入れず
自分達で荷物を運び、X線にかけてから自分達もX線を通って、無事チェックイン。

e0387424_16324326.jpg

6時にヴァッカルをボートで出発し、6時35分にはゲートに到着でしたよ。

e0387424_16324624.jpg

7時に搭乗となり、ドアの所でパスポートとチケットを見せて、徒歩で機内へ。

e0387424_16325047.jpg

いつもの窮屈でシート幅も足元もとても狭い機内で、短い時間だからまだしも
これが長時間だったら、間違いなくエコノミー症候群になりそうですよね(汗。

e0387424_16325451.jpg

相変わらず外国語ではダントツで中国(北京)語がメインの機内案内に。。。

e0387424_16325788.jpg

機内サービスは、なんと安いお弁当に入っていたりする紙のお手拭きのみっ。

e0387424_16330018.jpg

7時半に離陸予定が、既に全員揃ったということで、なんと7時15分に出発(笑。
そして、お手拭きの意味ってあるのかな?ないよりましかな〜?でも変なの〜。
なんて話しているうちに、20分後の7時35分には国際空港があるマレに到着〜♪


タラップを降りると、あっち、と指差してる建物へ皆で歩いて行きます(笑。

e0387424_16330359.jpg

建物の中に入ると、ご覧のような簡素化されたバゲージ・クレームがあり
そのまましばらく待っていると、スーツケースなどが順番に出て来ました。

e0387424_16330699.jpg

自分達でスーツケースなどをカートに載せて、出口に向かって歩いて行くと
ドアを出たところに、ヴァッカルのユニフォームを着た女性と私服の男性が。
男性スタッフは無口なタイプも、すぐにカートを代わりに押してくれました。

e0387424_16330913.jpg

女性スタッフは、初日にお世話になったラウンジの男性スタッフから事前に色々と
私の話や沢山チップを貰ったと聞いていたようで、彼にだけ話したことを口にして
特に話されて困る内容ではなかったですが、なんだか個人情報がダダ漏れな感じと
多分愛想良くしておいたら沢山チップ貰えるんだろうというのが見え見えで(苦笑。

適当に相槌だけ打ってセキュリティまで来ると、彼女はエアポート・バッジがなく
無口な男性スタッフがこの先のX線からチェックインも手伝ってくれるというので
そこで女性スタッフにさよならを言う為に振り返ると。。。

待ってましたとばかりにチップを貰おうとしたらしい隠すような手が差し出されて
握手かなって思いたかったのですが、明らかにチップを貰う際のやや下向き加減。

荷物を運んでくれているのは男性スタッフだし、彼女はおべんちゃらばかりだし
彼女にチップを渡すつもりはなく、手も何も出していなかった我々だったので
超絶な笑顔から、は?なんで?の顔になり、最後はキツく変化してました(汗。


やっぱり彼女にもあげるべきだったのかなあ、でも何もしてくれなかったしね。
としばし嫌な空気感を引きずったまま、無口な男性スタッフとX線の列に並び
そう混んでおらずすぐに中に入れて、荷物はスタッフに任せ、チェックインへ。

ビジネス・クラスのカウンター前も空いていて、あっという間にチェックイン。
飛行機のチケットに、イミグレの優先チケットとラウンジのチケットを貰って
カウンター横に荷物を載せてくれた男性スタッフに、チップを渡しさようなら。


奥にあるエスカレーター前で、パスポートとチケットをチェックされて中に入り
エスカレーターで二階に上がり右奥のイミグレーションへと歩いて行くと。。。
何故かそう混んでおらずファストレーンが開いてなくて、5分くらい並ぶ羽目に。

イミグレーションでは無愛想も、さくさくっとスタンプを押して1分で終了です。
奥へと進み、またX線の列に並んで、今度は手荷物と我々のX線チェックを終了。


その先にはデューティフリー、免税店がずらずらっと並んでいますが。。。

e0387424_16331275.jpg

ここ2、3年、そう変化なし(笑。

e0387424_16331976.jpg

これらは昨夏の画像ですが、今夏のモル旅行時に写真撮らなくていいかなと思ったほど
今夏の免税店エリアは、これらの画像とほぼ変化なしでしたー(笑。

e0387424_16332223.jpg












# by Mrs-HKG5 | 2019-09-04 17:19 | 旅、バケーション | Comments(0)

ヴァッカル・モルディブをボートでダラヴァンドゥ空港へ♪

ヴィラからカートに乗る時は、いつも楽しいエクスカーションかレストランかスパなので
最終日の最後にヴィラを出た後に乗るカートは悲し過ぎて、夢ならいいのになあって(笑。

e0387424_16244571.jpg

夕方4時45分にヴィラホストが我が家のヴィラに来てくれて、チェックアウト無事完了。


ハウスキーパーには毎朝チップをベッドに置きますが、ヴィラホストは大抵帰る直前で。
今回はうっかり封筒を忘れてしまい、ヴィラにある封筒と便箋を使おうとしたら、なし。
仕方なく電話用のメモ用紙を使い、折って袋状にしてチップを入れたらパンパンに(笑。

前夜にヴィラホストから手渡された「本日の出発に関してののスケジュール」は。。。
「5時半にラゲージのピックアップ」で「5時45分にジェッティからボートで出発」です。

前にも書きましたが、我が家は代理店を通さず、ヴァッカルのサイトからの直接予約です。

ヴァッカルに着く前に、事前にやり取りしたメールの内容なのですが、、、
Last Seaplane usually departs from the island around between 1500 – 1600 hours.
As for the Domestic flight, the connecting flight would be around 1930 hours based
on the your international departure flight movement.
Hence, the speedboat will leave from the island around 1730 hours.
最終の水上飛行機は大抵午後3時から4時の間にヴァッカルを出発するそうで
我が家の国際便の出発時刻からすると午後7時半の国内便になると思うので
その場合はヴァッカルを午後5時半位にボートで出発となります、とのこと。

ヴァッカルに行く前に、こういう詳しい情報だったりゲストにとってのベストを
事前に細かく教えてくれるのって、とっても安心出来ますし、有難いですよね♪
*直接サイトから申し込んだ場合に限ってのケアかも知れません。


そんなこんなでラゲージのピックアップの時間となり、別のスタッフが運ぶらしいので
我々はヴィラホスト運転のカートに乗り、しぶしぶ(笑)レセプションへと向かいます。

e0387424_16244929.jpg

ヴィラホスト曰く、今夜からビーチで映画上映が始まり他にも新企画盛沢山だそうで。
楽しそうでいいなあ、ああ、帰りたくないなあ、今日到着だったらいいのにと言うと
続けて、丁度天気が悪いから、これで後ろ髪を引かれることなく帰れますね、と(笑。

e0387424_16245317.jpg

昨日はここでシュノーケル上がりで冷たくて美味しいお水を貰ったのになあ、なんて。

e0387424_16245734.jpg

5時半にレセプションに着いたので、しばしレセプションでドリンクを飲みながら待機。

e0387424_16250110.jpg

まだちょっぴり名残惜しかったので、ジェッティ近辺を歩いてみることに。。。

e0387424_16250594.jpg

あー、もうすぐサンセットだねー、サンセット・フィッシングならいいのになあ、とか。

e0387424_16250946.jpg

ラグーン・バーでサンセット・カクテルならいいのにねー、とか、まだ言ってます(笑。

e0387424_16251358.jpg

6時にジェッティへ歩いて行くと、GM始め大勢のスタッフが並んで待っていてくれました。
お世話になったエグゼクティブ・シェフや他のスタッフも笑顔でお見送りしてくれています。

ボートに乗る前にライフ・ジャケットを着せてもらうのって、そういえば初めてかも(笑。

ヴィラホストにお礼を言い、握手の後にハグをして、またどこかで会おうね〜!と言うと。
ヴァッカルでも他のリゾートでもどこでも、いつでもワッツアップでケアしますからねーと。
その後彼はヴァッカルを辞めてしまいましたが、今でも本当にケアしてくれています(笑。

一緒にシュノーケルを付き合ってくれてありがとうと言うと、お陰で僕たちヴィラホストも
ハウスリーフを案内したり、ツアーや企画など沢山アイデアが浮かんだので、こちらこそと。

ゲストのフィードバック、生の声を聞き逃さずにしっかり活かしているところも凄いですし
一緒に回りながら色々と考えていたり、スタッフ間でアイデア出し合うとか本当に凄いです。

実はヴァッカルの料金が今春から下がって来ていて、質が落ちないかドキドキしているので
私たちが訪れた昨夏のクオリティ(食事、ホスピタリティ全て)を維持して欲しいなあと。

e0387424_16251768.jpg

20人乗りの大きなボートで他のゲストらと一緒に乗り込むと、同乗のスタッフがご挨拶。
お水を配ってくれましたが、ちゃんと全員のキャップを開けてから渡してくれましたよー。
国内線のあるダラヴァンドゥ空港までは20分ほどの船旅だそうです。

e0387424_16252008.jpg

6時過ぎに出発すると、ジェッティ越しのサンセットが眩しいくらいに綺麗でした。

e0387424_16252494.jpg

ジェッティではGM始めとするスタッフ総勢12名が手を振って見送ってくれました♪

e0387424_16253096.jpg
話は変わりますが、、、
この後光がさす男性が、先日我が家が諦めたマンタ・ツアーに出かけたご家族でして。
スタッフ曰く「多分見ることが出来ても一枚くらい」と言うのに強行ツアーに出発し
ハニファルベイに着いたら、なんと20枚近くのマンタがいて一緒に泳げたそうです。
我が家はマンタ運ないのかもだねー、とボートで彼らと一緒に大笑いでしたー(笑。


こんな大勢のお見送りも初めてですが、見えなくなるまでずっと手を振ってくれたり♪

e0387424_16253503.jpg

本当に最初から最後まで、ゲストをいい気持ちにさせてくれる最高のリゾートでした♡

e0387424_16253975.jpg

ボート内はwi-fiも完備で、さくさくっと早くてビックリでしたよ。

e0387424_16254354.jpg

ヴァッカルもですが、モルディブの綺麗なサンセットも名残惜しいなあ。

e0387424_16254777.jpg

本当に綺麗なサンセットだったので。。。

e0387424_16255153.jpg

ゲスト全員がサンセットをうっとりと眺めながらの出発でした。。。

e0387424_16255408.jpg

おしゃべりしていたらあっという間にダラヴァンドゥ空港に到着です。

e0387424_16255849.jpg

















# by Mrs-HKG5 | 2019-09-03 10:20 | 旅、バケーション | Comments(0)

海外生活26年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by Mrs-HKG5

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新のコメント

theory58_c23..
by Mrs-HKG5 at 10:49
機内食オタクです(笑)マ..
by theory58_c23 at 12:04
鍵コメしゃん、 おはよ..
by Mrs-HKG5 at 12:43
鍵コメしゃん、 はじめ..
by Mrs-HKG5 at 11:57
鍵コメしゃん、 ほんと..
by Mrs-HKG5 at 17:53
パウダーブルーしゃん、 ..
by Mrs-HKG5 at 17:37
極妻さま わたしもiP..
by powderblueY at 14:49
鍵コメしゃん、 おはよ..
by Mrs-HKG5 at 11:39
鍵コメしゃん、 飛行機..
by Mrs-HKG5 at 11:20
鍵コメしゃん、 UAで..
by Mrs-HKG5 at 11:11

タグ

(215)
(112)
(96)
(90)
(58)
(44)
(35)
(30)
(11)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

メモ帳

Milaidhoo/ミライドゥ旅行記
Anantara Kihavah/アナンタラ・キハバー
Banyan Tree Vabbinfaru/バンヤン・ツリー・ヴァビンファル旅行記
Hideaway Beach Resort & Spa/ハイダウェイ・ビーチ・リゾート&スパ旅行記
Cheval Blanc Randheli/シュヴァル・ブラン・ランデリ旅行記
Amilla Fushi/アミラフシ旅行記
Maalifushi by COMO/マーリフシ・バイ・コモ旅行記
Amanpulo/アマンプロ旅行記
Huvafen Fushi/フヴァフェンフシ旅行記
Cocoa Island/ココア・アイランド旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記、続編
Lily Beach/リリー・ビーチ旅行記
Coco Bodu Hiti/ココ・ボドゥヒティ旅行記
Constance Moofushi/コンスタンス・ムーフシ旅行記
Constance Halaveli/コンスタンス・ハラヴェリ旅行記
Baros Maldives/バロス・モルディブ旅行記
Alila Villas Hadahaa/旧アリラ・ヴィラ・ハダハア(現パーク・ハイアット・モルディブ)旅行記
W Retreat & Spa Maldives/Wリトリート&スパ・モルディブ旅行記
Vivanta By Taj/ヴィヴァンタ・バイ・タージ旅行記

日々旅暮らし
.............................................
当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。
.............................................
free hit counters

フォロー中のブログ

新 LANILANIな日々
パウダーブルーな日々
jackie style
香港極妻日記 ー極楽非凡...
Bon! BonVoya...
香港極妻日記 ー極楽非凡...
jackie style2

外部リンク

カテゴリ

全体
香港
ホクラニカイ
旅、バケーション
ごあいさつ♪
未分類