フラワリをボートで出発して、クレドゥへ。

ココ・バーとカネリ・レストランを後にして。。。

e0387424_18255399.jpg

旦那しゃんが毎日通っていたジムを通り過ぎて。。。

e0387424_18255381.jpg

レセプションへと向かいます。

e0387424_18255309.jpg

レセプション前のここら辺がキッズも楽しめるシュノーケルのポイントでした。

e0387424_18255366.jpg

予定より一時間の遅延なので、4時にレセプションに出向きチェックアウトしました。
水上飛行機は姉妹リゾートのクレドゥで搭乗ですが、多分4時半の離陸とのことです。

ということは、4時半の出発となるとマレに到着するのは5時半くらいになりますが
時差でマレ時間の4時半で、10時過ぎのフライトなので8時過ぎにチェックインかと。
ざっと計算してみると、空港では3時間半くらい時間を潰す感じになるね、と。

e0387424_18255383.jpg

チェックアウトを済ますとヴィラホストがやって来て。。。
もうすぐ新しい担当ゲストが来るのでお見送りはいけません、と嬉しそうに報告(笑。
一応お礼を述べて、チップを渡して、さようなら〜。

e0387424_18255408.jpg

フラワリは小さな島なので、ちょっと歩くと、すぐサプライ・ジェッティ。

e0387424_18255486.jpg

新しい担当ゲストが到着して、笑顔で出迎えるヴィラホスト(笑。

e0387424_18255419.jpg

4時20分にレセプションのスタッフから、ジェッティまで行くようにとの指示が。

e0387424_18261018.jpg

こちらのボートで10分弱のところにある姉妹リゾートのクレドゥへ。

e0387424_18261004.jpg

ジェッティはとっても素敵な感じなんですけどねー、ヴィラとの差が。。。

e0387424_18261008.jpg

ボートに乗り込んで。。。

e0387424_18261098.jpg

ボート内での担当というスタッフ2名。

e0387424_18261011.jpg

お見送りは8名くらいいましたが、全員初めて見るスタッフばかりでピンと来ず。

他に5組のゲストがいましたが、皆あまり良い印象を持ってないようで仏頂面です。
過去のリゾートみたいに、別れを惜しんだり挨拶や握手をしたりする人もいなくて
問題があったり満足しなかったゲストは我が家だけじゃないんだ、と瞬時に察知。

e0387424_18261151.jpg

4時25分にフラワリを出て、4時半にクレドゥに到着しました。

e0387424_18261125.jpg

相変わらず水上飛行機とボートの乗降所にシュノーケルをする人が沢山いるようで
はいはい、退いて〜!と言いながらボートをジェッティに横付けしていたのですが
一歩間違えると事故が起きかねないほど危険なので、遊泳禁止地区にすべきでは??

e0387424_18261137.jpg

きっと今現在もこんな感じで水上飛行機やボートのすぐ脇で子供達が泳いでるはず。
リゾートの判断ミスと思いますが、親御さんたちも心配じゃないんでしょうかね。

e0387424_18261138.jpg

反対側にもボートの停留所になっていますが、ご覧の通りシュノーケラーだらけ。

e0387424_18261140.jpg

4時40分に水上飛行機が二機到着し、搭乗まで10分ほど小屋で待機となりました。

その間、小屋のすぐ目の前を嬌声を上げながらパラセーリングを楽しむゲストと
牽引するボートが行き交っていましたが、大勢のシュノーケラーのスレスレ(怖。

e0387424_18263054.jpg

良くも悪くも無法地帯?で、この光景に危機感持たないGMもオーナーも珍しいかと。







[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-09-20 08:45 | 旅、バケーション | Comments(0)

フラワリのCoco Bar(ココ・バー)のランチ。


シュノーケルから戻るとお昼過ぎで、すぐにシャワー浴びて、パッキング開始。

昨夜ドアの下から差し込んであった手紙には。。。
1時半にチェックアウト&ヴィラ退室
*スーツケースのみ保管*手荷物持参でココ・バーを利用可能
3時45分にボートで出発
4時15分に水上飛行機でマレへ
と記載してありました。。。

フラワリから姉妹リゾートへはボートで移動し、例のエアコンなしの小屋で待機し
蒸し暑い機内で長時間揺られるので、私は水着の上にタンクトップとショーツで
旦那しゃんもTシャツにショーツにビーサンというなるべく涼しいスタイルに決定。


今日はチェックアウトの日だというのに、またまたヴィラホストからの連絡はなし。
1時半を過ぎても誰も来ず連絡もなく、こちらがレセプションに電話して訊ねたり。


2時になってようやくカートが来た!と思いきや、ハウスキーパーが掃除に来ました。
今から掃除をするので退室してください、と(汗。

チェックアウトとカートを待っていると伝えると、どこかに連絡してくれたのですが
誰も迎えには来ないので、自分たちで歩いてココ・バーへ行くように、と(苦笑。

スーツケースはどうしたら良いのかと訊ねると、ハウスキーパーが電話をしてくれて
荷物のピックアップを呼んでくれたそうで、ヴィラから追い出されてしまったので
暑い中10分程待って、ようやく来たカートに荷物だけ載せて、さようなら、と(汗。


e0387424_18244462.jpg

さて、いよいよ水上ヴィラ(の玄関前、笑)を去る時間となりました。。。
通常ならば、まだ帰りたくないな〜、もっとシュノーケルしたいな〜、なのですが。

ヴィラの居心地も良くなくて、食事もショボ過ぎるし、海のコンディションも残念。
ホスピタリティに関しては、本当に終わっているなあと最後の最後までコレですし。

というわけで、今回は全くもって後ろ髪ひかれずの状態で、あっさりとさようなら。

e0387424_18244457.jpg

今回は色々とあったねえと笑いながら、暑い中てくてくと歩いてココ・バーへ。

e0387424_18244479.jpg

ココ・バーに到着すると、上空にドローンが舞っています。
モルのまともなリゾートでは、プライバシー保護の為にドローンは禁止ですが
フラワリはそんなことに気づく訳なくて、ドローン撮影し放題で、残念でした。

e0387424_18244465.jpg

昼間のココ・バーは初めてですが、割と人が多くてビックリしました。
中国人系が7組、白人が5組で、写真に入らないように撮るのが大変。

e0387424_18244439.jpg

e0387424_18244400.jpg白とモヒートで喉を潤し。。。

バーのメニューはルーム・サービスのメニューと全く同じで、がっかりです(涙。
しっかり食べておかないとお腹が空いちゃうので、ピザとミックス・グリルを注文。

バーなので、ルーム・サービスより早いかなと思いきや、40分しっかりかかりました。

ミックス・グリルは、グリルというより、ディープフライ(揚げ物)オンパレードで
チキンとエビは全く味がなく、リブはやたらと甘く、フムスとオリーブはまあまあ。
フライド・カラマリ(イカ)も味がしなくて、お酒が余り進みません。。。

e0387424_18244508.jpg

何でもないオニオン・リングとケチャップが一番マシという、垢抜けないテイスト。

e0387424_18244536.jpg

ハモン・イベリコのピザはトマト・ソースが昔のレトロなピザ・ソースの風味で
ハムは古いせいなのか、とっても塩っぱくて、剥がして食べたいくらいでした。

e0387424_18244576.jpg

最後の最後までトキメかなかったねえ、残念なリゾートだねえ、と話していると
そこにマネージャーという方がやって来て、ランチは奢りです、と。。。
特に理由も話さず去りましたが、多分昨夜の超遅かったお会計の件ではと推測。

e0387424_18244557.jpg

マネージャー曰く。。。
昨年末までのフラワリのゲストの国別の比率は、アジアが3、4割と強いそうで
多い方から順に、中国、香港、シンガポール、タイが多く、次に韓国、そして日本。
日本は昨年末に代理店契約をしたので今後増えるはずとのことでしたが、、、。

残りはドイツ、イギリス、オーストラリアなど白人が5、6割で、アメリカも1割程。
中東はマーケティングしていなかったのでゼロも今度は増やして行く予定とのこと。
中東のゲストが、フラワリで満足したりリピーターになるとは思えませんけどね。

つい最近ネット検索をしたら、日本人女性のヴィラホストがいるそうですね。
昨年末にはいませんでしたが、日本からのゲストが増えているのかも、ですね。
私がアップして来た多くの問題が改善されていることを祈るばかりです。。。


ココ・バーの壁側の席は、ラウンジ代わりの意味も込めてか、ソファー仕様も
周りの目もあるし、横になったりも出来ないし、リラックスし辛いですよね。

e0387424_18253103.jpg

大きなソファーは、三世代とか大きな家族で訪れる際にはいいかもですね。

e0387424_18253166.jpg

バーの隣に見えているのは、スパです。

e0387424_18253182.jpg

プールの端に設置されているデッキ・チェアが一番インスタ映えするかも(笑。

e0387424_18253167.jpg

プールは小さいので、泳ぐというより、浸かるという感じです。

e0387424_18253282.jpg

今日は比較的風がなくて穏やかな日ですが、プール近辺は風が出る区域みたいで
あっという間に髪が風に吹かれてぐちゃぐちゃになったので、クリップ必須かと。

e0387424_18253257.jpg

ビーチは侵食されまくりなので、毎日砂が補充されていましたよ。

e0387424_18253296.jpg

視界を遮るスパやプールもあるし、メイン・ビーチとしてはかなり狭いですよね。

e0387424_18253210.jpg

プールの右側にはカネリという朝食&夕食ブッフェのレストラン。

e0387424_18253204.jpg

太陽を浴びながら食事をするのは好まないので一度も座らなかった海沿いの席。
こうやってみると結構波打ち際がキレイですよね、、、すごく暑いですが(笑。

e0387424_18253243.jpg

レストランからレセプション側にある階段を降りると、、、先日記念撮影した
フラワリのロゴなどが砂地に埋め込まれている撮影ポイントを発見しました。
てっきり週一のカクテル・イベント時だけの特別に設置されたモノかと。。。

e0387424_18255274.jpg

レセプションへと繋がるジェッティに到着〜。
その奥に見えるのは、昨夜随分と待たされた水中レストランがある建物です。

e0387424_18255385.jpg

3時にヴィラホストが初めて顔を見せて、水上飛行機が一時間ほど遅延してます、と。
4時までには連絡があると思うので、4時くらいにレセプションに来てください、と。











[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-09-19 09:53 | 旅、バケーション | Comments(0)

フラワリのハウスリーフで最後のシュノーケル♪

今朝は7時に起き上がったのですが、夜通し頭が痛くて殆ど眠れず、かなり怠い朝でした。
どうやら昨夜の激安ワインのせいと思われ、お酒に強い旦那しゃんまで頭痛があったそう。

安いワインの多くには酸化防止剤として亜硫酸塩(sulfite・サルファイト)が含まれていて
カフェインに弱い敏感な体質の私には、味の素等のMSGと同じくらいキツかったりします。

実は、安いワインの話には後日談がありまして。。。
旦那しゃんも酷い頭痛だったのでネットで検索したところ、Ülloというフィルターを発見。
試しに購入して、安いワインに使用してみたところ、二人とも全く頭痛がしませんでしたー。

詳しいことは分かりませんが、甘い白と3千円以下の赤で頭痛がしやすい傾向にあるので
それ以来3千円以下の赤には必ずこれを使用していますが、頭痛がぴたりと消滅しました。

でも、さすがにリゾート・ホテルで、これでデキャンティングして下さいとは言えないので
次回からはリゾートでは安いワインやそれらのペアリングはもう避けようねと決めました。

e0387424_09350614.jpg

今朝の波はサンライズ側から少し出ていますが、昨朝の様子と似たり寄ったりで迷います。
とりあえずまだ穏やかなので、2、3時間後でもそうコンディションは変わらないだろうし。

とにかく今朝は頭痛でしんどいので、シュノーケルもですが、朝食もパスしちゃいました。
そしてその代わりにハウスキーピングに電話をして、お水を沢山持って来てもらいました。

e0387424_09350714.jpg

3時間程ひらすらお水やハーブ・ティーを飲んで、横になったりうつらうつらしていると
ようやく頭痛が消えて来たので、海の状態をチェックしに、デッキに出て来ました。。。

e0387424_09350705.jpg

ハウスリーフ内で、ゆっくりとSUP(サップ)をする人を発見。

e0387424_09350757.jpg

沖の方に小さなスピードボートが停泊中で、ズームしてみるとダイバーさんのようです。
私がマンタやイーグルレイに出会った場所なので、もしかして会えるといいですねー。

e0387424_09350702.jpg

それでは私も、毒された身体をデトックスしがてら海で泳ぐことにしますか〜♪

e0387424_09350737.jpg

10時半から、水上ヴィラのデッキからのエントリーです♪

e0387424_09350730.jpg

ハウスリーフ内は昨日より濁りが出ちゃっています。

e0387424_09350869.jpg

ドロップオフもご覧の通りで、見渡す限り白く濁り、視界は10mあるかないか。
いつもと同じく左手にあるサプライ・ジェッティに向かって泳いで行くと。。。

e0387424_09350870.jpg

濃紺のヒラヒラさんは今朝も沢山いますが、視界が悪くマンタがいても目視不可能かと。

e0387424_09350879.jpg

定点観察している排水管の辺りも、ご覧の通り。

e0387424_09352713.jpg

波が穏やかになった直後がベストで、二日目、三日目となると、濁りがキツくなるばかり。

e0387424_09352885.jpg

ちびたシマシマさんたちも綺麗に撮れません。

e0387424_09352819.jpg

ジェッティのすぐ手前に来ているのですが、濁り湯に近い状態なのでUターン。

e0387424_09355000.jpg

一部ちょっと冷たい海流が流れ込む区域で、サメさんを見かけました。

e0387424_09355098.jpg

そういえば水上ヴィラの先端付近は流れが急で危険だと言われたので行きませんでしたが
波がない今ならチャンスと思って、水上ヴィラのジェッティの先端を目指して進むと。。。

e0387424_09355041.jpg

濁った海中で、突然スピードを上げて目の前に向かって来たお魚さん(笑。

e0387424_09355156.jpg

鰹っぽいですが、普段は猛スピードのカツオでさえ、視界が悪くてゆっくりかな??

e0387424_09355117.jpg

お陰でモルディブで鰹をマジマジと見つめることが出来て嬉しかったかも〜(笑。

e0387424_09361800.jpg

水上ヴィラのジェッティ先端にあるシャンパン・バーまで来てみましたが。。。

e0387424_09355192.jpg

やっぱりここも濁りがキツく、お魚さんも疎らだったので、ヴィラに戻りました。

e0387424_09355185.jpg

というわけで、10時半から12時まで、デトックスを兼ねて結構泳ぎまくりましたが
撮影した大半がこんな感じで、オートフォーカスでもブレブレだったりで、アウト〜。

海から直接水上ヴィラに戻り、シャワーを浴びて着替えてからは、パッキングです。















[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-09-14 08:22 | 旅、バケーション | Comments(0)

フラワリの水中レストラン@5.8 UNDERSEA RESTAURANT、後編♪

いよいよ5.8でのコース料理のスタートということで、甘いジュースに続いて
ワイン・ペアリングの1番目のコース@テタンジェのシャンパンで乾杯です。

e0387424_18103497.jpg

パリのフランス料理店くらいにサーブされる時間が遅くて、我が家も皆さんに続き
左奥の珊瑚岩の前で撮影をしていたら、岩陰からうつぼのペアが、ひょっこりはん。

e0387424_18103423.jpg

皆が待ちくたびれた頃に、ようやくアミューズの登場。

e0387424_18103445.jpg

チーズだったかのタルトに、スモーク・サーモンとメレンゲだったかな。

e0387424_18103436.jpg

枝豆が載ったパンに、牡蠣フライにオランデーズ・ソースとイクラのっけ。

e0387424_18103542.jpg

うーん、、、見た目もですが、味も、、、でした。

少し衣が厚かったですが、牡蠣フライだけ、日本の定食屋レベルでまあまあでした。
定食屋レベルでまあまあ=他のモノが全く光っていないという意味です。

カネリのブッフェと同じで、素材がイマイチで味付けも似たり寄ったりで代わり映えなし。
想像するにかなりの低予算&限られた安い食材でもめげずに頑張るシェフには拍手ですが。

e0387424_18103576.jpg

e0387424_18103526.jpg

アラスカン・キング・クラブはマヨネーズ風味で、スイカのソルベとは合わない気が。。。

e0387424_18104706.jpg

と、ここで救世主現る〜!とばかりに、ゆらゆらと近づいて来たのが、フグたん。

e0387424_18104716.jpg

ブサ可愛い容姿のアップにゲストの皆さんも一斉に集まって激写していましたよ(笑。

e0387424_18104875.jpg

たまにこんな感じで大きなボラみたいなお魚さんが、すーっと現れ通過する程度。

e0387424_18104843.jpg

と、最初のワイン@リースリングが登場して、しまったー!と気づいた我が家で。
1万円ちょっとで7杯、しかも価格が日本の三倍はするモルディブで、ということは
もれなく最初のテタンジェ以外は、激安ワイン=頭痛という可能性大アリかも(汗。

e0387424_18104804.jpg

元々甘いワインは苦手な我が家なので、ちょびっとだけ舐める程度にしておきました。

e0387424_18104833.jpg

イエロー・フィン・ツナ(鮪)とワサビのアイス・クリーム。
キュウリに巻かれていたツナ・タルタルとワサビ・アイスとクラッカーはなかなか。
それ以外は見たまんまで、ワサビの風味のみ。

e0387424_18104859.jpg

フォアグラはポン酢と甘口の照り焼き風の鰻という和もどぎで、まあまあ。

e0387424_18104984.jpg

レッド・マレ(ヒメジ)は焼き加減はなかなかも、ソースがブッフェのと似た風味。

e0387424_18104924.jpg

日が落ちて暗くなると、ガラスの近くのお魚さんしか見えなくなります。

e0387424_18104931.jpg

お料理が出て来るのにかなり時間がかかるので、お手洗いに行くことにしました。

e0387424_18105698.jpg

日本人建築家のデザイン@とても素敵なジェッティですよね。

e0387424_18105638.jpg

最近のモルのリゾートでよく見かけるレストルームっぽい作りでした。

e0387424_18105640.jpg

ガラスの床は怖いですが、フラワリに不釣り合いなくらい綺麗なデザインだと思います(笑。
*ここだけお金かけてるのがバレバレで、ヴィラのしょぼさが目立ってしまいますけどね。

e0387424_18105662.jpg

転びそうになりながら階段を降りて、サンダルを脱いで、レストランの店内へ。。。

e0387424_18105777.jpg

ロブスターはリゾットと一緒にチーズ・ソースで和えてあるのですが。。。
毎晩ブッフェで提供されているチーズのパスタやリゾットと全く同じ味でした。

e0387424_18105789.jpg

ビーフは焼き加減とソースはなかなかも、肉質が悪いのか、冷凍焼けしてるのか
なんだか紙みたいな感じで肉や脂の美味しさもなく、風味もなくて残しました。

e0387424_18105796.jpg

ピナコラーダのソルベはまあまあ、パッションフルーツのソルベは酸っぱいのみ。

e0387424_18105717.jpg

全体を通しての感想は、不味くはありませんが、特別美味しいわけでもありません。
お魚さんもそんなに沢山いなかったし、一度で十分というか行かなくても良かった。

サービスが遅く、毎回お料理が来てから、ペアリングのワインをひたすら待ったり。
ソムリエの真面目さが災いし、ワインの説明を長々とするので更に時間かかりまくり。
彼に落ち度はなく、説明する程のワインではないのでマネージャーが省くべきかと。
*お料理が冷めない内にすぐ食べたい人は、ペアリングを勧めません。

また、お水が何度も空になり、近くにボトルがなくて毎回呼ばなくてはダメだったり。
特に私はお酒を飲む際は同量の水分を摂取しないと二日酔いになるので困りました。

6時15分からスタートし、何度も頼んでやっとチェックが来たのが10時ですから(汗。

デザートを食べ終わっても、お水も空で、最後にサーブされるチョコも全く来なくて
もうチョコなんていいから早く帰りたいねと、スタッフにチェックを頼んだのですが
他は皆チェックもとっくに終わったのに、我が家とお隣だけ30分以上も放置プレー。

30分以上経ってから、やっと届いたのはチョコで、だからチョコはもういいですから
チェックをお願いします〜!とスタッフ全員に頼んでも、更に30分近くが経過(涙。

チェックをどこに取りに行っているのか知りませんが、アラカルトじゃあるまいし
コースとワイン・ペアリングという簡単明瞭なものなのに、なぜこうも時間が?!

その原因はゲスト8組に対し、ソムリエとウェイター2名と明らかに足りないスタッフ。
マネージャーらしきスタッフもおらず、ウェイターはキッチンに料理を取りに行ったり
レストラン内に誰もいない時も多々あり、これでは全く機能していないに等しいかと。
スタッフを増やす余裕もつもりもないなら、お水をテーブル脇に置いて欲しいですよ。

奥の特等席とやらで食後に早く帰りたい人は、事前にその旨ウェイターに頼んでおくか
ビーフが届いた時点でチェックをお願いするくらいでないと帰らせてくれませんよ(笑。

コース自体は9時には終わりましたが、そこからが待たされまくり、10時でしたから。
お魚さんが沢山出て来たり、お水でも貰えるならともかく、どちらもなしのまま放置。
喉が渇いて仕方なくて、これなら早くヴィラに帰ってまったりしたいよね、と。。。

10時過ぎになって、やっと解放されたのですが、9時過ぎでカートのサービスもなし。
妙に疲れてトボトボと歩いてヴィラに戻ると、ベッドはターンダウンされていますが
サンダルやカップやクッションなど散らかしたものは片付けられていません、、、(汗。

しかも何度もリクエストしたのに、ミネラルウォーターを2本しか置いてありません。
喉が渇いて仕方なくて、すぐ頭痛が始まり、痛くて辛くて吐きそうになりました(涙。
そうなんです、安いワインの添加物のせいで酷い頭痛が起きちゃったんですよー(涙。

トドメは、今日から入ったらしいお隣さんが夜中2時まで音楽を大きな音で聴いていて
ボンボンドゥンドゥンという感じで延々とベース音が響いて眠りたくても眠れません。
ヴィラには防音対策もなく、お隣のヴィラともすごく近くて、大声なら丸聞こえレベル。

そんなわけで、殆ど眠れないまま朝を迎えることになりました(涙。









[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-09-13 09:30 | 旅、バケーション | Comments(0)

フラワリの水中レストラン@5.8 UNDERSEA RESTAURANT、前編♪

12時にヴィラホストから久々に電話があり、今夜のディナーは午後5時55分に迎えに行くと。
今まで一度も迎えに来たことがないのでビックリも、水中レストランは遠いからかもと判断。

ヴィラホストはそれだけ伝えると電話を切りましたが、えーと、この日の昨夜釣ったお魚を
カネリでグリルして貰う予定でしたが、そのことについては一切触れず、迎えにも来ずです。

ヴィラホストならば、ランチはカネリですよね、カートでお迎えに上がりましょうか?とか
ランチの時間に変更があれば私から伝えますよ、というのが過去のリゾートでの流れでした。

ところがランチの確認もなく(多分忘れていた&我が家の予定を把握する気もさらさらない)
またレストランからの電話もなく、なんともいい加減なリゾート&マネージメントねと再認識。

もしかしたらカネリに行っても、は?魚?ランチに魚料理はないよ!なんて言われたりして。
というわけで、今朝は朝食も遅かったし、そうお腹も空いてないのでパスすることにしました。

e0387424_18094950.jpg

4時前から旦那しゃんはマッサージを受けに出かけたので、私はヴィラでまったり過ごして
たまに海を眺めては、、、え?!欧州っぽい白人のおじさん@ハウスリーフに立ってるし!!

こういう事についても、フラワリは全くもって無関心なようで、注意されることもなく経過。
せっかくお魚さんが結構いるハウスリーフなのに、勿体ないというか、なんというか。。。

e0387424_18095094.jpg

e0387424_18095034.jpgサンセットの少し前くらいに
旦那しゃんが戻って来ました。

サンセット側はお昼前後からサンセット間際まで、ジリジリと暑くて日焼けしますねー。

e0387424_18095096.jpg

電話で告げられた通りの午後5時55分にヴィラホストがカートで迎えに来ました。

e0387424_18095057.jpg

水中レストランの5.8アンダー・シー・レストランに繋がっているジェッティに到着。

e0387424_18095091.jpg

とても綺麗なレセプションのスタッフがステキな笑顔で歓迎です♪

e0387424_18095069.jpg

説明を聞きながら、レストランの入り口へと向かいます。

e0387424_18095030.jpg

ね、ステキな笑顔でしょ♪

e0387424_18095164.jpg

5.8はその名の通り5.8メートルの深さにあって、全面ガラスで出来たレストランだそう。
こんなに分厚いガラスは日本製らしく、オーストラリアでレストランを組み立ててから
モルディブまで運搬して来たんだそう。>モルディブにその技術力ないので納得(笑。

e0387424_18095105.jpg日本の高技術、嬉しいですよね。

階段を数段降りて行くと、もう海の中ですよー(笑。

e0387424_18101394.jpg

この階段が滑りやすくて急で、ヒールは危険なのでビーサンで、と忠告して欲しかった。

e0387424_18101316.jpgゲストの事を考えて欲しいかも。

ちなみに、5.8を含むフラワリは日本人建築家の山崎裕司氏がデザインしたモノだそうで
他にもクラブ・メッド、コンラッド・モルディブ、フィノール、なども手がけているのと
フラワリのグループ、Crown & Champa’sの新リゾートKudadooも彼の作品だそうです。

さて滑りやすくて急な勾配の階段を降りて行くと、水中レストランの入り口がありますが
なぜかという説明もなく入り口手前で履いている靴やサンダルを脱ぐように指示されます。

室内の天井が低くて狭いので、コツコツという音が響いたり雑音になるからでしょうか?

画像にはドレスアップしたゲストは皆無も、ロングドレスだと引きずる羽目になるかも。
そこら辺はリゾート側がヴィラホストを介して事前に案内してくれると嬉しいのに、と。

どうせ脱がされるなら階段を降りる手前にしたらゲストが転ばなくて済むのに、とも。

e0387424_18101318.jpg

我が家のテーブルは右奥の、スタッフが言うところの「ベスト・テーブル」でしたが
各テーブルから、小さな珊瑚岩だったりが見えますが、ニモ以外は棲んでないモヨウ。

e0387424_18101398.jpg

右奥のベスト・テーブルの真横にある沈没船もどきの周辺はニモもおらず、ガラガラ。

e0387424_18101382.jpg

天井というか真上を見ても、ガラガラ。。。

e0387424_18101389.jpg

と、こればかりはハウスリーフの画像と同じで、某ブロガーさんが訪れた際は魚影が濃くて
それで決めたのに、行ってみたらハウスリーフがガラガラだった、というのと全く同じかも。

ちなみに、過去マンタなど大物は出て来たか聞いてみたら、マンタは一度もなし、だそう。
今まで通りかかった大物はというと、数種類のエイとギター・シャークくらいだそうです。
どれも毎晩必ず来る訳ではなく、何も来ない日もあれば、サメが来る日もある、感じとか。

深さですが、満潮時は6mになるんだだそうで、5.8という店名よりも多少深いですね(笑。

e0387424_18101423.jpgウェルカム・ドリンクは
甘いジュースのようなモノ。

さて、フラワリは最近では三食付きのオール・インクルーシブ・プランが主流のようで
我が家が選んだ二食付きのハーフ・ボードと同じく、カネリ以外での料金は追加料金か
プラス幾ら、という感じで、ドリンク類も同じように追加料金というシステムでした。

e0387424_18101429.jpg昨年末の訪問時のディナー・メニューです。
これにサービス料とドリンク類などが追加。

e0387424_18101480.jpg我が家はワイン・ペアリングを頼みまして
サービス税とチップ含めると1000ドル強。
食後の感想として、完全に場所代でした。

我が家のテーブルから、左奥の珊瑚岩@最も魚影が濃いスポットは見えますが。。。

e0387424_18101475.jpg

他のテーブルの周辺は、せいぜいニモくらいしか珊瑚岩にいなかったりするので
こんな感じで食事中に一番奥までゲストの皆さんが撮影にやって来ていましたよ。

e0387424_18103480.jpg

結果、皆さん自分のテーブルを離れまくりで、水族館見物状態に(笑。

e0387424_18103455.jpg

ずーっと見回していましたが、たまーにしかお魚さんは現れてくれませんでした。
これも運やタイミングとは思いますが、下のお魚さんの群れも一瞬でさりました。

e0387424_18103434.jpg

つづく。。。





[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-09-12 08:44 | 旅、バケーション | Comments(0)

フラワリの朝食レストラン。

朝一番のシュノーケルを楽しんだ後は、さくっと支度して、朝食レストランのカネリへ♪

e0387424_17065454.jpg

いつもは7時の開店と同時に入店でしたが、今朝は9時過ぎとあって、、、あれ、ガラガラ?!

e0387424_17065412.jpg

稼働率は今日でほぼ100%と聞いていましたが、他のゲストは9時過ぎても疎らです。

e0387424_17065410.jpg

今朝のフルーツ3種類は、白い部分付きのスイカ、パパイヤ、いかにも固そうなメロン。

e0387424_17065523.jpg

どうやら既にゲストは食事に来ていたようで、いつもの蒸した鮭がこんな状態に(苦笑。

e0387424_17065574.jpg

野菜入りのヌードル・スープとやら。。。

e0387424_17065514.jpg

パンケーキのようなものとフレンチ・トースト。。。

e0387424_17065586.jpg

牛肉のステーキのオニオン・ソース。。。

e0387424_17065578.jpg

どうやらフラワリは一度ゲストが手をつけたら最後、朝9時だろうと補充しない模様。
ファースト・カム・ファースト・サーブ、日本でいう早い者勝ちで売り切れご免かも。

e0387424_17065553.jpg

今朝も寂しいブレッドの類い。。。

e0387424_17065622.jpg

e0387424_17070809.jpgほぼほぼ毎朝同じお皿の内容ですが
決して偏食家ではなく好き嫌いなし。
ただし、美味しいモノ限定なので〜
結局無難なモノといえば、これに〜。
*目玉焼もベーコンもやや残念です。

10時過ぎにヴィラに戻る途中で、何か大きな白いモノを目撃。。。

e0387424_17070804.jpg

なんとバスタブ@ロマンティック・オーシャン・ヴィラ用でしたー。

e0387424_17070844.jpg

ロマンティック・オーシャン・ヴィラに戻るとハウスキーパーが掃除をしていたので
ヴィラにあるカップはハーブティーを飲むには小さ過ぎるコーヒー用しかなかったので
ハーブティーを飲みたいのでマグカップが欲しいと訊ねると、ないです、と即答(汗。

えーと、じゃあ綿棒を持って来て貰えると嬉しいわ、と頼んでみましたが持って来ず〜。
というわけで、フラワリでは必要なものはハウスキーピングに電話しないと無理な模様。






[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-09-11 08:53 | 旅、バケーション | Comments(0)

フラワリのハウスリーフでシュノーケル、後編♪

排水管を超えた辺りで多少の群れに遭遇し、ジェッティに近づいて来ると。。。

e0387424_17553383.jpg

今度はちびたシマシマさんの小さな群れに出会えましたー。

e0387424_17553344.jpg

やっぱり視界は波が収まり始めた昨日の朝がピークだったみたいですねー。

e0387424_17554504.jpg

と、そこへ突然サメさんがフレームインして来て、どっきり。

e0387424_17554604.jpg

ジェッティの周辺は濁りがキツかったので、Uターンしてヴィラに戻ることにしましたが
潮の流れがヴィラからジェッティという逆方向で、思いっきり泳がないと進まない状態。

ジェッティからビーチに上がることも考えましたが、まだ体力も脚力も余裕があったのと
もしかしたらマンタに会えるかなあという思いから、エクササイズを兼ねてチャレンジ!

e0387424_17554659.jpg

液体金属のアンドロイド並みのムーブメントにまたもや遭遇(笑。

e0387424_17554672.jpg

ちょっとずつ移動して。。。

e0387424_17554692.jpg

どんどん大きくなって行って。。。

e0387424_17554643.jpg

元の姿に戻ります、なーんて(笑。

e0387424_17554602.jpg

魚影の濃さも昨朝がベストで、一部を除いて全体的にガラガラという印象。

e0387424_17554605.jpg

今朝はハズレだね、と残念がっていたところへ登場してくれたのが。。。

e0387424_17554785.jpg

水玉模様でおなじみの、イーグルレイのペアです♪

e0387424_17554710.jpg

たまにこっちをジロリと横目でチェックしたりしながら。。。

e0387424_17555889.jpg

すーいすいと優雅に舞うように、あっという間に消え去っていきましたー。

e0387424_17555814.jpg

と、一枚だけ戻って来て、こちらの様子をチェックし終えて、さようなら〜。

e0387424_17555989.jpg

濃紺のヒラヒラさんはいっぱいいるのにねー、マンタは出てこなかったねー。

e0387424_17555937.jpg

残念ですが、7時から既に2時間も経過していたので、そろそろヴィラへ。。。

e0387424_17555929.jpg

途中でド派手な模様のお魚さんのアクロバット的な回転を眺めたり。。。

e0387424_17555905.jpg

一匹だけで心細そうに泳ぐ黄色い線画のお魚さんに出会ったり。。。

e0387424_17555945.jpg

日が昇ってもまだまだ暗くて怖いハウスリーフ内を猛スピードで通り過ぎて。。。

e0387424_17555965.jpg

9時過ぎにヴィラに到着〜。

e0387424_17555938.jpg

というわけで、ベストはやっぱり波が穏やかになった直後かと〜。











[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-09-10 08:54 | 旅、バケーション | Comments(0)

フラワリのハウスリーフでシュノーケル、中編♪

朝7時から、ヴィラのデッキから海に入り、そのまま真っ直ぐ沖に向かってドロップオフへ。
ドロップオフに着いたら、左側にあるサプライ・ジェッティに向かって、逆時計周りで進行。

e0387424_17550028.jpg

排水管からサプライ・ジェッティまでの間が一番透明度が高かったりするかも。

e0387424_17551762.jpg

一部のみですが、こんな感じでお魚さんが集まっている箇所もあったり。

e0387424_17551737.jpg

深いところを覗いてみると、黄色いお魚さんの群れもいます。

e0387424_17551715.jpg

今朝はまだ黄色いヤガラを載せてないフグたんを発見。

e0387424_17551708.jpg

うわーっ、何だか人体実験を彷彿とさせるような模様で怖かったお魚さん(汗。

e0387424_17551724.jpg

黄色の綺麗な模様のお魚さんを見つめ、しばし目の保養と心の安定をはかったり(笑。

e0387424_17551752.jpg

泥棒さんみたいな顔をしているフグたんを見て笑ったり(笑。

e0387424_17551883.jpg

黄色いお魚さんの小さな群れを発見し、その先をチェックしてみると。。。

e0387424_17551805.jpg

ちょっと深いところですが、大きな群れにつながってましたー。

e0387424_17551866.jpg

e0387424_17551855.jpg

やっぱり海の中の黄色って元気が貰えるし、いいですよねー。

e0387424_17553275.jpg

深いところに全部行ってしまったので、さようなら〜。

e0387424_17553244.jpg

と、今度はブルーの群れが出て来てくれましたー。

e0387424_17553202.jpg

昨日より全然深いところにいるのですが。。。

e0387424_17553279.jpg

大きなお魚さんが食べようと狙ったり追いかけ回す度に、綺麗な模様みたいになって。

e0387424_17553200.jpg

それらを眺めるには、引きの画で大正解かと〜。

e0387424_17553336.jpg

食べられないように皆必死です。

e0387424_17553319.jpg

海の中が暗いと、こんな黒っぽいブルーに映るんだね〜。

e0387424_17553304.jpg

つづく。。。








[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-09-07 09:27 | 旅、バケーション | Comments(0)

海外生活25年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by Mrs-HKG5

プロフィールを見る

最新のコメント

ジャッキーしゃん、 こ..
by Mrs-HKG5 at 13:50
ごくちま様♡ ご無..
by jackie-style2 at 12:06
鍵コメしゃん、 はじめ..
by Mrs-HKG5 at 15:07
めいこしゃん、お久しぶり..
by Mrs-HKG5 at 09:33
ごくちましゃん、こんにち..
by めいこ at 16:06
ジャッキーしゃん、 香..
by Mrs-HKG5 at 09:14
わぁ〜、日本のとんか..
by jackie-style at 22:48
鍵コメしゃん、 そうな..
by Mrs-HKG5 at 18:01
ジャッキーしゃん、 お..
by Mrs-HKG5 at 10:22
極妻さま♡ 新..
by jackie-style at 09:35

タグ

(109)
(66)
(57)
(44)
(37)
(6)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

メモ帳

Milaidhoo/ミライドゥ旅行記
Anantara Kihavah/アナンタラ・キハバー
Banyan Tree Vabbinfaru/バンヤン・ツリー・ヴァビンファル旅行記
Hideaway Beach Resort & Spa/ハイダウェイ・ビーチ・リゾート&スパ旅行記
Cheval Blanc Randheli/シュヴァル・ブラン・ランデリ旅行記
Amilla Fushi/アミラフシ旅行記
Maalifushi by COMO/マーリフシ・バイ・コモ旅行記
Amanpulo/アマンプロ旅行記
Huvafen Fushi/フヴァフェンフシ旅行記
Cocoa Island/ココア・アイランド旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記、続編
Lily Beach/リリー・ビーチ旅行記
Coco Bodu Hiti/ココ・ボドゥヒティ旅行記
Constance Moofushi/コンスタンス・ムーフシ旅行記
Constance Halaveli/コンスタンス・ハラヴェリ旅行記
Baros Maldives/バロス・モルディブ旅行記
Alila Villas Hadahaa/旧アリラ・ヴィラ・ハダハア(現パーク・ハイアット・モルディブ)旅行記
W Retreat & Spa Maldives/Wリトリート&スパ・モルディブ旅行記
Vivanta By Taj/ヴィヴァンタ・バイ・タージ旅行記

日々旅暮らし
.............................................
当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。
.............................................
free hit counters

フォロー中のブログ

新 LANILANIな日々
パウダーブルーな日々
jackie style
香港極妻日記 ー極楽非凡...
Bon! BonVoya...
香港極妻日記 ー極楽非凡...
jackie style2

外部リンク

カテゴリ

全体
香港
ホクラニカイ
旅、バケーション
ごあいさつ♪
未分類