キャセイ・パシフィック航空の香港〜マレ便♪

本日からは、昨年末に訪れたモルディブ旅行記の始まりとなります♪

e0387424_10385578.jpg夜の便なので午後3時過ぎに自宅を出て
香港の国際空港には午後4時前に到着〜。
CXでチェックイン後は無料のシャトルで
ファースト・クラスのラウンジへと移動。

e0387424_10385588.jpgクリスマス前とありツリーの飾りが。

e0387424_10385555.jpgゲートにもクリスマスのデコレーション。

CXの機内食はビジネスでも微妙なので、ラウンジに到着するや否や、レストランへ。
海老ワンタン麺と、バーガーとフライのセットからフライド・ポテトだけを注文〜。

e0387424_10390861.jpg

トリュフ・マヨネーズ付きのフライド・ポテトですが、敢えて塩のみで頂きます♪

e0387424_10390827.jpg

バーにいる旦那しゃんと合流する前に、カフェ・エリアに立ち寄って。。。

e0387424_10391169.jpg

ミント・ティーとキャラメリゼしたピーカンナッツを持って、バーへ♪

e0387424_10391132.jpg

e0387424_10391171.jpg5時過ぎになり搭乗すると。。。

e0387424_10391234.jpg新し目のシートで一安心。

このビニール袋に入ったブランケット、静電気がすごいから困りますよねー。
でも香港〜日本便のビニール袋にも入ってない使用済みっぽいのよりマシ?!

e0387424_10391298.jpg

クリスマス前の繁忙期とあって、ほぼ満席での出発〜。

e0387424_10400549.jpg

ほぼほぼブログの為だけに持ってきて貰っているような気もしますが、夕食。
いつもはパンの配布終わりで撮影しますが、パンは最後まで配布なしでした(苦笑。

e0387424_10400561.jpg

一見香港人ラブ仕様のお刺身かと思ったスモークしたサーモンはともかくとして。。。
なんなんでしょ、この芯がメインっぽいキャベツの芯の千切り(笑。

e0387424_10400531.jpg

旦那しゃんはメインの中で一番つまらないけど、まあ間違いなく食べられるステーキを。
*間違いなく「美味しい」ではなく、間違いなく「食べられる」ですからねっ(笑。

e0387424_10400647.jpg

メインには他にも海老のカレーがありましたが、前回それでお腹を壊したのでパス。

他にチキンもありましたが、なぜだか私は血迷って、トマト・クリームのパスタ。
エミレーツ以外でパスタを頼むと、もれなくブヨブヨで微妙な風味のモノが出ますから。
今回も間違いなく「期待を裏切らない仕上がり」でした(笑。

e0387424_10400655.jpg

というわけで、お口直しのフルーツ@CXのビジネスの機内食で一番美味しい(笑。
*ただしイチゴは除く(笑。

e0387424_10400692.jpg

眠れないまま、香港時間の真夜中の12時、マレ時間の夜9時半に着きましたが、、、。
今回満席の機内で少し驚いたことがありまして。。。

私の斜め前の窓際に一人で座っていたイギリスかオーストラリアの5歳くらいの男の子。
お父さんが前の席に、お母さんは並びの席に娘さんと座っていたのですが、全員爆睡。

機内で爆睡とは羨ましいなあと思いながら、私は一人ずっと映画を見続けていると。。。
寝ていた男の子が夜中に目を覚まして立ち上がり、通路に立つと突然ジーンズを下げて
一緒にパンツまで下げちゃって、通路でおしっこをしようとするではありませんか!!

びっくりして、コール・ボタンを押そうか、トイレの場所を教えようか迷っていると
男の子も次第に覚醒したのか、パンツとジーンズを履きトイレへと走って行きました。
いやあ、子供の爆睡ってすごいんですねえ、とある意味羨ましく思った出来事でした。

離陸後にお母さんと目が合ったので、目撃談を話してあげようか一瞬だけ迷いましたが
まあ事なきを得たので言いませんでしたが、本当におしっこしなくて良かったです(笑。






[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-05-21 11:14 | 旅、バケーション | Comments(0)

キャセイ・パシフィック航空のマレ〜香港便♪

10時半になり、そろそろ搭乗時間ということで、歩いてゲートまで移動。

e0387424_21233960.jpg

入口にあるセキュリティで手荷物も一緒にチェックして、ゲートを出ると
すぐ目の前に停まっていたシャトル・バスに乗り込んで移動して。。。

e0387424_21233900.jpg

飛行機の近くにバスが止まるので、順に搭乗して行きます。

e0387424_21234069.jpg

今回は新しめの機内で、オンタイムでの出発です♪

e0387424_21234010.jpg

e0387424_21234011.jpg

前菜代わりのディップが二種類とパンも二種類。

e0387424_21234062.jpg

すぐ寝る予定だったので、消化を助けるミント・ティーとフライド・チキン(笑。
これまた微妙な中華味のチキンで、どうしたらこんな変な味になるの?と。。。

e0387424_21234075.jpg
CXの食事はUAの遥か上行く微妙な風味で、サービスもビジネス以外は、、、で
会社も縮小して、どんどんランク外へと落ちて行くのを見るのは残念ですよね。

まだまだ眠くて、ゲートの出口で待機していたカートに乗り込み、イミグレへ。

e0387424_21234167.jpg

以上で2017年夏のミライドゥの旅行記は終わりです♪








[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-05-18 10:17 | 旅、バケーション | Comments(0)

マレ空港のビジネス・クラスの共同ラウンジ♪

ダラヴァンドゥ空港からは夜7時半にマレに到着し、空港ではミライドゥのスタッフが
出口から国際線のセキュリティとカウンターでのチェックインも手伝ってくれました。

チェックイン後のイミグレや手荷物検査はプライオリティ・パスでも少々時間がかかり
マレの空港内にあるビジネスクラスの各エアライン共同ラウンジに着いたのは8時です。

e0387424_21212564.jpg

入り口すぐの受付でチケットを見せて、携帯やiPad用にWiFiのパスワードを貰い席へ。
一応ラウンジ内にPCが6台くらい設置されていて、子供達がゲームをして遊んでいます。

e0387424_21212592.jpg

きっと数年前から殆ど進化していないであろうと思われますが、一応久々にチェック。
各種ジュースに、トースト。。。

e0387424_21212554.jpg

今回はクラムチャウダーではなく、チキンのクリーム・スープです。

e0387424_21212562.jpg

モルディブ風のチキン・カレーとライス。

e0387424_21212677.jpg

トマトソースのパスタと、、、なにやら新しいのがもうすぐ来るそうです。

e0387424_21212691.jpg

カットされたフルーツとベジタブル。

e0387424_21212619.jpg

スポンジケーキにブラウニーと紅茶。

e0387424_21212658.jpg

e0387424_21212665.jpgソーダ類やウォーターに
フルーツとサンドイッチ。

e0387424_21212753.jpgサンドイッチを取ったものの
ほぼパンとハムで食指動かず。
再度チェックに行ってみると
大好きなフライドポテト〜♪
冷凍モノだけど嬉しい〜(笑。
夜8時以降は食べない主義も
山程食べてちゃいました(汗。







[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-05-17 10:21 | 旅、バケーション | Comments(0)

マレ空港の免税店など♪

昨夏の時点での画像ですが、昨年末に再訪した際とほぼほぼ同じでしたよー。
ブランド品は一部の腕時計と万年筆やコスメに香水くらいしか買えませんが
チョコなどのお菓子や紅茶や義理土産系は、なんとか揃う感じかと思います。

e0387424_21192384.jpg

e0387424_21192342.jpg

e0387424_21192380.jpg

e0387424_21184663.jpg

e0387424_21184688.jpg

e0387424_21184686.jpg

e0387424_21184712.jpg

e0387424_21184763.jpg

e0387424_21184746.jpg

e0387424_21184731.jpg

e0387424_21184868.jpg

e0387424_21185858.jpg

e0387424_21185821.jpg


シャネルやLV等のブティックは再来年くらいに完成予定の新空港ビルに入るそう。
これでますますモルディブは潤うものの、某国の方も増えちゃいそうですね〜。



[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-05-16 09:40 | 旅、バケーション | Comments(0)

ダラヴァンドゥ空港から国内線飛行機でマレへ♪

搭乗時間になると、ラウンジにいた空港のスタッフ先導で、国内線乗り場に。

e0387424_21114502.jpg

荷物はミライドゥのスタッフによってチェックイン済みなので手ぶらです。

e0387424_21114564.jpg

セキュリティを通ると、歩いてすぐのところにゲートがありました。

e0387424_21114509.jpg

左側がゲート1で、右側がゲート2です。

e0387424_21114666.jpg

6時半に搭乗手続きが始まり、チケットとパスポートを出口でチェックしてから
スタッフに続き歩いて目の前に停まっている国内線の飛行機へと乗り込みます。

e0387424_21114614.jpg

反対側を向いて止まっていたので、お尻の部分をぐるっと回り込んで。。。

e0387424_21114646.jpg

こちら側から乗り込みました。

e0387424_21114675.jpg

機内はご覧の通り、とっても狭くて、昔の日本の国内線を思い出したり。。。

e0387424_21114659.jpg

出発ギリギリまでエアコンを入れてくれないので、人の熱気で蒸し暑〜い。

e0387424_21114632.jpg

まだ中国人が一番多いのと旅慣れていないからでしょうか、中国語の案内が。

e0387424_21114767.jpg

7時に離陸してしばらくすると、すぐに機内サービスが始まり。。。

e0387424_21124351.jpg

何かと思えば、ミネラル・ウォーターとおしぼりのみ(笑。

e0387424_21124317.jpg

でも30分後にはマレに到着しちゃうので、それも当然ですよね。

e0387424_21124319.jpg

飛行機を降りるとシャトルバスが待機していて、それに乗って到着ロビーへと移動。

e0387424_21124370.jpg

バゲージクレームも簡素で素朴で、なんだかいい感じ。

e0387424_21124465.jpg

空港はどうしてもマレと呼んでしまいますが、実は違う名前なんですよね。

e0387424_21124423.jpg

出口で待機してくれていたミライドゥの空港スタッフの案内で国際線へと移動。

e0387424_21124498.jpg

荷物を押してくれて、セキュリティからチェックインまで付き合ってくれました。

e0387424_21124499.jpg

二階へ行くまでしっかり見送ってくれて、最後にチップを渡して、さようなら〜。






[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-05-15 09:50 | 旅、バケーション | Comments(0)

ミライドゥからスピードボートでダラヴァンドゥ空港のラウンジまで♪

とうとうミライドゥを出発する時間となり、この美しい眺めともさようならです。

e0387424_21062842.jpg

我が家は水上飛行機ではなく国内線を使ってマレの空港まで戻るパターンですが
まず5時に荷物が先にピックアップされて、5時半にカートでジェッティヘと移動。

e0387424_21062852.jpg

昨夜のサンセット、とてもキレイだったよね〜♪

e0387424_21062928.jpg

ジェッティに到着です♪

e0387424_21062901.jpg

こちらのボートに我が家二人だけと超プライベート♪

e0387424_21062946.jpg

GMを始めとする大勢のスタッフがお見送りにきてくれました〜。

トリップアドバイザーをやっているか訊かれて、一応ハイと答えると
ミライドゥのこと、いっぱい良い事書いてね、と頼まれました(笑。

e0387424_21062967.jpg

まだ新しいボートなので、新車の革の匂いがします(笑。

e0387424_21062952.jpg

さようなら〜!また帰って来て下さいね〜!と笑顔で手を振ってくれました。
手前の男性はスタッフの一人で、プライベートで帰るらしく、船内ではなく
30分と長くはないといえども、ずっと外のデッキで立っての移動でしたよ。

e0387424_21063075.jpg
ヴィラホストではなく、ボートに同乗したのはオフィスのスタッフでした。
話をしていたら、ラヴィヤニのフラワリまでゲストを迎えに行ったらしく
ミライドゥからボートで片道2、3時間というかなりの長距離だったそう。
すごいですねえ、片道2、3時間もかけてやってくるのも送迎するのも!!

実は今回ミライドゥに2週間か、ミライドゥとフラワリに1週間ずつにするか
すごく悩んで、フラワリにミライドゥに前泊するが迎えに来れないか訊くと
うちは送迎は一切やらないし、前例もないので無理、と短く冷たい返事のみ。

過去に連絡を取って訪れたモルディブの数々のリゾートでの経験からですが
そういう対処しか出来ないリゾートは大抵ホスピタリティが終わっていました。
質問や予約の段階で結構リゾートの良し悪しって分かっちゃいますからね。

フラワリは良いエージェントを雇い上手に宣伝しているので、すごく魅力的な島
かつ洗練されたリゾートに思えて、今回行きたかったのですが諦めることに。。。

でも何故そこで諦めてしまったのか、どうしてミライドゥにも聞かなかったのか
ミライドゥなら多分「何とかしますよ」と答えてくれたと思うのでちょっと後悔。


ミライドゥを5時半に出発したボートは、ダラヴァンドゥ空港に6時に到着〜。

e0387424_21063088.jpg

先に下ろしてくれて、こちらのカートに座って待っていて下さいね、と。

e0387424_21063090.jpg

夕日をバックに船内から手を振ってくれているキャプテン。

e0387424_21065534.jpg

荷物も積み終わり、スタッフの運転で空港の近くにあるラウンジへと移動。

e0387424_21065518.jpg

モルディブにも政治色の強そうな壁画アートがあるんですね。

e0387424_21065605.jpg

空き地のはずれにポツンと建っているのが、ダラヴァンドゥ空港です。

e0387424_21065651.jpg
ミライドゥのスタッフが荷物もチェックインも両方済ませてくれてから
お別れとのことだったので、チップを渡して、お礼を述べてさようなら。

ラウンジは細長くて、多少窮屈な感じですが空いていて静かでした。。。
と思ったのは束の間で、5分後には中国の方が大量にやって来ましたー。

e0387424_21065663.jpg

まだ空いていて平和で静かだった頃の写真(笑。

e0387424_21065694.jpg

Wi-Fiのパスワードとお水と、何となくクラッカーを取って来ましたー。
もちろんこの5分後にはクラッカーは見事に瞬時に消え去りました(笑。

e0387424_21065685.jpg



[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-05-14 11:26 | 旅、バケーション | Comments(0)

ミライドゥのランチ@ビーチ・プール・ヴィラで最後のルーム・サービス♪

ヴィラに戻ると、最終日だというのに、ハウスキーパーが来てくれました。

e0387424_17071332.jpg

殆ど手を付けませんでしたが、毎日新鮮なフルーツに交換してくれてましたよ。

e0387424_17071382.jpg

今夜は夜中に近いフライトなので、2時からと少し遅めのランチにしました。

e0387424_17071367.jpgウェルカム・ドリンクなのに
島を去る日に飲むという(笑。

昨夜のスリランカ・カレーが美味しかったので、特別に作ってもらいました♪

e0387424_17071336.jpg美味しい〜♪

e0387424_17071450.jpgチャパティではなくライスと。

旦那しゃんはアンガス・バーガーをウェルダンで。

e0387424_17071417.jpg

しっかり焼いてある感じの厚みがあるパテに、ソースもたっぷりです。

e0387424_17071441.jpg

フレンチフライも、カリカリのホクホク。

e0387424_17071495.jpg

齧った後ですいませんが、しっかり芯まで火が通っていましたよ。

e0387424_17071424.jpg

雨季でガラガラなのでまあ想像していた通りですが、ヴィラホストから電話があり
今日は出発まで、そのまま同じヴィラを使ってくださいね、との嬉しいオファー♪

3時からは、旦那しゃんはスパでマッサージ、私はビーチでまったりすることに♪

e0387424_17071549.jpg

カヤックを無邪気に楽しむカップルは見たことないから多分着いたばかりかしら。

e0387424_17074052.jpg

まったりしながらも、しっかりとモルディブの美しい景色を目に焼き付けました。





[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-05-11 09:03 | 旅、バケーション | Comments(0)

ミライドゥのハウスリーフでシュノーケル、後編♪

最終日の朝は9時からスパ脇のビーチからのエントリーでドロップオフへ。。。

e0387424_16511831.jpg

潮の流れにもよりますが、水上ヴィラの先端まで遠出してみることに。。。

e0387424_16511843.jpg

頑張って泳ぎ続けると、一角の深いところに地味なお魚さんの群れを発見しました。

e0387424_16531727.jpg

水上ヴィラ前の珊瑚は大半が白化していて見所はないものの、シマシマの群れを発見。

e0387424_16531894.jpg

群れといっても20匹くらいとちびたグループですが、やっぱり可愛いです。

e0387424_16531867.jpg

スパ前は大丈夫も、水上ヴィラの中間あたりで潮の流れが強くなり全然進みません。
疲れると一周どころか往復すらも怪しいので、潮の流れのないハウスリーフ内側へ。

と、そこへ昨日ビーチ・ヴィラのハウスリーフで見かけたシマシマの群れに遭遇。

e0387424_16531861.jpg

昨日と同じくらいか、それ以上の群れで、あたり一面が黄色くなりましたー(笑。

e0387424_16531825.jpg

うじゃうじゃという言葉が当てはまるくらいに大きな群れです♪

e0387424_16531859.jpg

白化した珊瑚は綺麗じゃないですが、お魚さんにとってはご馳走みたいですね。

e0387424_16531992.jpg

細長いお魚さんは驚いたり光る物を見ると攻撃してくるかもと聞いてドキドキ。

e0387424_16531917.jpg

大きなブルーのお魚さんの小さな群れがすぐ近くを通過して行きましたー。

e0387424_16531955.jpg

薄っぺらくて平ぺったいお魚さんのペアにも遭遇。

e0387424_16531966.jpg

沖の方はプランクトンが豊富らしく、シマシマさんの群れが揺れらてました〜。

e0387424_16534633.jpg

しばらくお魚さんがいない箇所を通り過ぎて行くと、小さな群れに遭遇。

e0387424_16534695.jpg

名前の通りバタフライみたいに、ふわふわユラユラ綺麗に泳いでいます。

e0387424_16534615.jpg

余り人を見かけないのか、近づいても逃げませんでしたよ。

e0387424_16534723.jpg

スパ脇から水上ヴィラの先端までは、ゆっくり進んで30分かかりました。

e0387424_16534778.jpg
珍しく視界はクリアでしたが、珊瑚は全滅に近く、ビーチ・ヴィラの方が綺麗です。
スパ脇から先端まで全くもって同じ景色で、特徴もなく、魚影の薄い日は退屈かと。

今回お魚さんのいた画像のみ使用したので沢山いたように見えているかもですが
実際はガラガラで退屈でしたが、雨季の夏場はこんな感じなのかも知れませんね。
*あくまでもビーチ・ヴィラ前のドロップオフと比べての感想です♪

スパから水上ヴィラ先端の中間辺りのドロップオフに、少しだけ群れがいました。
水上ヴィラからドロップオフまでは、ちょっとしかお魚さんがいない感じでした。

水上ヴィラの先端からレストラン前までは、リーフが沖へと伸びて長くなっていて
潮の流れと波があってなかなか前に進めなくて疲れて来たので、諦めてUターン。

ビーチ・ヴィラのチャネル近くに来ると、段々と濁りがひどくなって来たので
ビーチ・ヴィラ#208前にある珊瑚の切れ目からハウスリーフ内へ戻りました。

e0387424_16534759.jpg

ニモ・マンションに挨拶をしてから、真っ直ぐ進んでビーチに上がりました。

e0387424_16534735.jpg

季節にもよるかもですが、雨季の夏場は、ビーチ・ヴィラ前がオススメです。
ハウスリーフ自体もビーチ・ヴィラの方が断然珊瑚もイキイキしていますし
ドロップオフもビーチ・ヴィラ前の方が小物から大物まで遭遇率が高しかと。







[PR]
# by Mrs-HKG5 | 2018-05-10 10:50 | 旅、バケーション | Comments(0)

海外生活25年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by Mrs-HKG5

プロフィールを見る

最新のコメント

めいこしゃん、お久しぶり..
by Mrs-HKG5 at 09:33
ごくちましゃん、こんにち..
by めいこ at 16:06
ジャッキーしゃん、 香..
by Mrs-HKG5 at 09:14
わぁ〜、日本のとんか..
by jackie-style at 22:48
鍵コメしゃん、 そうな..
by Mrs-HKG5 at 18:01
ジャッキーしゃん、 お..
by Mrs-HKG5 at 10:22
極妻さま♡ 新..
by jackie-style at 09:35

タグ

(48)
(44)
(25)
(18)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

メモ帳

Milaidhoo/ミライドゥ旅行記
Anantara Kihavah/アナンタラ・キハバー
Banyan Tree Vabbinfaru/バンヤン・ツリー・ヴァビンファル旅行記
Hideaway Beach Resort & Spa/ハイダウェイ・ビーチ・リゾート&スパ旅行記
Cheval Blanc Randheli/シュヴァル・ブラン・ランデリ旅行記
Amilla Fushi/アミラフシ旅行記
Maalifushi by COMO/マーリフシ・バイ・コモ旅行記
Amanpulo/アマンプロ旅行記
Huvafen Fushi/フヴァフェンフシ旅行記
Cocoa Island/ココア・アイランド旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記、続編
Lily Beach/リリー・ビーチ旅行記
Coco Bodu Hiti/ココ・ボドゥヒティ旅行記
Constance Moofushi/コンスタンス・ムーフシ旅行記
Constance Halaveli/コンスタンス・ハラヴェリ旅行記
Baros Maldives/バロス・モルディブ旅行記
Alila Villas Hadahaa/旧アリラ・ヴィラ・ハダハア(現パーク・ハイアット・モルディブ)旅行記
W Retreat & Spa Maldives/Wリトリート&スパ・モルディブ旅行記
Vivanta By Taj/ヴィヴァンタ・バイ・タージ旅行記

日々旅暮らし
.............................................
当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。
.............................................
free hit counters

フォロー中のブログ

新 LANILANIな日々
パウダーブルーな日々
jackie style
香港極妻日記 ー極楽非凡...
Bon! BonVoya...
香港極妻日記 ー極楽非凡...

外部リンク

カテゴリ

全体
香港
ホクラニカイ
旅、バケーション
ごあいさつ♪
未分類
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31